よくある質問

よくある質問

よくある質問

Q&A

  • 永代供養とは、お墓の継承者がいない場合でも、霊苑が管理や供養をすることです。
    「永代」とありますが永久的なものではなく、当苑では、一定期間を過ぎたあと、合祀へ移行し供養いたします。

  • 合祀とは、骨壺から遺骨を取り出し、他の方と一緒に埋葬することです。
    お墓を持ちたくない・継承者がいない方などの選択肢の一つです。

  • はい、生前にお墓を建てることを仏教では「寿陵(じゅりょう)」と呼び、「長寿」「家庭円満」「子孫繁栄」などの縁起の良いことであると考えられています。

  • 可能です。寺院が運営するお墓の場合、宗派の制限がある場合がありますが、当苑は民間運営のため、宗教・宗派に関係なくどなた様でもお墓を建てることができます。

  • 既存のお墓から遺骨を取り出して、別のお墓に移すことを改葬といいます。
    改葬をするには、「墓埋法」という方に則った手続きが必要になります。
    ①移転先の霊苑の管理者から「受入証明書」を発行してもらう
    ②既存のお墓の管理者に承諾を得て「埋葬証明書」を発行してもらう
    ③「受入証明書」と「埋葬証明書」を持って既存のお墓がある自治体へ行き「改葬許可証」を申請します。
    ④移転先の霊苑の管理者に「改葬許可証」を提出します。