お亡くなりになったら|長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

どなたか亡くなったら

大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。

死亡届

死亡の事実を知った日から7日以内に、市民課(電話:829-1135)、行政センターまたは支所に届け出てください。

死亡届に必要なもの

  • 死亡届書(死亡した病院などで渡される死亡診断書と一緒になっています)
  • 死亡届書につかった印鑑

このほかに次のような手続きが必要な場合があります。

手続きについて

■3人以上の世帯の世帯主がなくなった場合は

市民課、行政センターまたは支所で世帯主変更の届け出をしてください。届出人(世帯主)の身分証明書が必要です。
また、代理人が届け出る場合は、委任状と窓口に来られる方の身分証明書も必要です。

■国民健康保険に加入している世帯の場合は

国民健康保険の被保険者が死亡したときは、市民課、行政センターまたは支所で「国民健康保険の喪失手続き」をしてください。
「葬祭費」が支給されます。国民健康保険者証、総裁を行ったかた名義の預金通帳、葬祭を行った証明(会葬御礼、葬儀の領収書など)、印鑑をお持ちください。

■介護保険に加入している人が亡くなった時は

介護保険被保険者証を市民課、介護保険課、行政センターまたは支所へ返してください。

■印鑑登録をしている人が亡くなった時は

印鑑登録は抹消されますので、印鑑登録証を市民課、行政センターまたは支所へ返してください。

■国民年金に加入しているか、受給している人が亡くなった時は

市民課国民年金係(電話:829-1137)へお問い合わせください。

■被爆者健康手帳の交付を受けている人が亡くなったときは

原爆被爆対策部援護課(電話:829-1149)へお問い合わせください。

■第二種健康診断受診者証・被爆体験者精神医療受給者証の交付を受けている人は

第二種健康診断受診者証・被爆体験者精神医療受給者証を拡大地域支援室(電話:829-1290)、行政センター、支所、または地区事務所へ返してください。

■後期高齢者医療制度に加入している人が亡くなったときは

後期高齢者医療被保険者証を市民課、行政センターまたは支所へ返してください。
申請により、「葬祭費」が支給されますので、葬祭者名義の預金通帳、葬祭を行った照明(会葬御礼、葬儀の領収書など)、印鑑をお持ちください。

■身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人が亡くなったときは

障害福祉課(電話:829-1141、ファックス:823-7571)へ返してください。

■後期高齢者医療制度に加入している人が亡くなったときは

パスポート(旅券)の失効手続きをとりますので、パスポート(旅券)及び亡くなったことが確認できる書類(会葬御礼ハガキ、戸籍、住民票など)を消費者センター(メルカつきまち4階 パスポート担当 電話:829-1550)までお持ちください。

新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先