お墓の豆知識|長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑<

お墓の豆知識

お墓は、家族を永遠に結ぶ大切な絆。

なぜお墓を建てるのか

人が亡くなったらお墓を建てなければならないという法律はありません。
お墓は、亡くなった人を思い、供養するための場であり、残された人たちにとって、心の整理をつけ、喜びや悲しみの報告に手を合わせることができる場所でもあります。お盆(8月)お彼岸(9月)に限らず、命日などにもお墓参りをします。どのようなお墓を持つか、あるいはお墓自体持たなければなないかについて、決まりはありません。

お墓はいつ建てればよいのか

四十九日法要に納骨できるようにして準備を進めておくのが良いとされておりますが、決して安価なものではないのと、あわてて選びたくないという理由で、生きているうちに建てるお墓(寿陵墓(生前墓))が、近年大変増えつつあります。御事情に合わせ、一周忌や三周忌など節目の法要に納骨される方もいらっしゃいます。各々納得のいく墓地選びをおすすめいたします。

お墓を建てるまでの手順

1.墓地を決める

お墓は、気に入らなかったら買い替えれば良いというものではありません。まずは、資料を集めて比較検討し、さらに現地に出向いて交通アクセスや周辺環境他(水道が近くにあるか・駐車場は近いか)など気になる点をチェックしましょう。当霊苑では、随時現地案内を致します。まずは事前にご予約していただけますと、スムーズに対応させていただけます。お気軽にお問合せくださいませ。

2.購入申し込み

墓地を購入するといっても、実際にその土地の権利が自分のものになるわけではなく、半永久的に使用権を取得するということになります。

3.管理料

霊苑内の通路や水道、休憩所などの共用部分、管理事務所の維持などのために必要な費用です。
墓地の使用権を持っておられれば、支払っていただきます。

お参りの仕方

お墓参りに特別な作法はありませんが、基本的な心得や手順は身につけておきたいものです。 服装は基本的に何を着ても構いませんが、あまり派手な色やスタイルは避け、できるだけきちんとした身支度が好ましいでしょう。持参するものは、生花、線香、お供えするお菓子や飲み物、それを置くための半紙、数珠、マッチかライター、タワシやほうきなどの掃除用具、ひしゃく、手桶、ゴミ袋などがあります。
お墓を訪れたときは、墓石と周辺をきれいにお掃除することから始めます。掃除が終わったら、花立てに水を入れてお花を供え、持参したお供え物をお供えします。直接墓石に置くのではなく、半紙などを敷いたうえに供えるのがよいです。次にお線香に火をつけて、お参りします。束のまま火をつけてから人数分に分けるのが一般的とされております。故人と縁の深い方から、合掌して冥福をお祈りしましょう。 また、お供えした食べ物は、鳥などに食い荒らされてしまうので、お参りが終わったら、必ず持ち帰るようお願いいたします。
お墓の豆知識
新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先