長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第33回「仏花の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。
第33回となる今回は、「仏花」についてお話させていただきます。

仏花とは

仏花(ぶっか)とは、お墓参りの時にお供えするお花のことをいいます。
お墓にお花をお供えするようになった由来は、修行中のお釈迦様の前に現れた燃灯仏(ねんとうぶつ)という仏様をご供養するためにお花を供えたことだと言われています。
お供えした切り花が枯れていくことから命の尊さを学ぶためでもあるともされていますが、墓地によっては生花ではなく造花をお供えするか、生花をお供えした後は持ち帰ることをルールとしている場合もあります。
マナーとしてお供えする花は生花がいいか造花がいいかということについて、上のような理由から生花でないといけないとは言い難く、どちらでもよいというのが実情です。

お供えのお花選び

お供えするお花は特に決まってはいません。菊や樒(しきみ)がよくお供えのお花として選ばれますが、故人のことを想ってお供えするものですので、故人の好みのお花や季節のお花をお供えするのがよいでしょう。
逆にお供えするのに向いていないお花はあります。
バラ・アザミなど刺があるお花やスズラン・スイセン・彼岸花など毒があるお花、バラなど匂いが強いお花、アサガオなどつるが伸びるものも避けるようにしましょう。

お花を飾る向きと形

仏花はひし形でお参りをする人の側を向けて飾ります。
仏花は上でもお話しましたようにお供えした切り花が枯れていくことから命の尊さを学ぶためという意味合いとともに、お参りする人の心を静めるという意味合いがあります。
そうしたことからも仏花はお墓のほうではなく、お参りをする参拝者のほうを向けるということになっています。
お供えするお花の菱形という形は、神棚や神事などに用いられるお榊の形でもみられる形からきているということのようです。

いかがでしたか?
お供えするお花からも改めて故人のことを想い、手をあわせてみるのもいいかもしれません。

あじさい
お問い合わせは 095-848-2938まで
新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2018年06月「弔い上げ」
》2018年05月「お墓の苔掃除」
》2018年04月「節目のお墓参り」
》2018年03月「お墓が壊れてしまった場合」
》2018年02月「春のお彼岸、ぼたもち」
》2018年01月「お墓に水をかける作法」
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
》2016年09月「忌明けの話」
  》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」