長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第32回「月命日の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。
第32回となる今回は、「月命日」についてお話させていただきます。

命日とは

命日とは、故人が亡くなった日のことをいいます。命日には故人のことを思い出し、冥福を祈ります。
月に一度の故人が亡くなった日と同じ日のことを月命日といい、1年に一度訪れる月も日も同じ日を祥月命日(しょうつきめいにち)といいます。
亡くなって1年目には一周忌、2年目には三回忌を行います。
一周忌は亡くなってからの満1年とし、三回忌はかぞえでとなるため2年目に行います。
祥月命日についてはコラムの第14回「祥月命日」についてお話させていただいていますので、そちらもお読みいただければと思います。

月命日に行うこと

祥月命日とは違い、月命日は毎月訪れるものです。
そのため、親族がそろってお墓参りなどを行うのではなく、家族のみで行うのが一般的です。
月命日も祥月命日と同じく、仏壇やお墓にお参りしたり、お花や故人の好きだったものをお供えしたりします。
またお寺にお経を上げてもらう月参りしてもらってもよいでしょう。
月に一度、故人のとの思い出を大切にする日として大切にしたいですね。

月命日は自由に

月命日は故人のとの思い出を大切にすることが一番大事なことです。
細かい決まりはあまりありません。月に一度故人の亡くなった日と同じ日に行うのが一般的ではありますが、月命日を行う家族の都合で自由に変えることもできます。
月命日を行っている故人が複数ある場合、都合のいい日や、どちらかの月命日にまとめて行っても問題はありません。
また、お寺にお経を上げてもらう月参りをいつまで続けるかについても、お寺と相談をして、自由に決めてよいでしょう。

月参りなど月命日を行うことをやめても、それが故人を忘れることではありません。
時には故人を思うことで、冥福を祈ることが供養になることでしょう。

菖蒲
お問い合わせは 095-848-2938まで
新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2018年03月「お墓が壊れてしまった場合」
》2018年02月「春のお彼岸、ぼたもち」
》2018年01月「お墓に水をかける作法」
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
》2016年09月「忌明けの話」
  》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」