長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第26回「手桶の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。

第26回となる今回は、「手桶」についてお話させていただきます。

お墓参りで使用する手桶とは

お墓参りをする際、お花やその他お供えものをするとともに、墓石にお水をかけ清めます。
その際のお水を運ぶために手桶を使う場合があります。
手桶やひしゃくは多くの場合霊園などの管理事務所で借りることが出来ます。
また地区にある共同墓地などの場合は、手桶を借りることができないこともあります。
この際、紋などが入ったものは個人で使うために用意しているものになりますので、手桶を借りる場合は紋が入っていない無地のものを使うよう気をつけましょう。

用途に合わせた手桶の使い分け

手桶の水は主に、お墓の掃除と、ご先祖様や故人の喉を潤すという意味を込めてお墓にかけ水をしたり、お供えのお水をあげることがあります。
作法としてこの2つで手桶を分けると、より丁寧な形でのお墓参りをすることができます。
また、手桶を1つしか用意できない場合、先にお供えの水に手桶をつかう、または掃除には別の水桶を使うとよいでしょう。

作法としてのお墓参りの順番

今回は手桶についてお話いたしました。
あわせて作法としてのお墓参りでの順番について作法も簡単にお話します。
1.お寺や本殿、霊園の管理事務所、墓地に挨拶や一礼をする
2.手を清め、手桶に水を汲む
3.お墓の周りの落ち葉やこけなどを掃除する
4.お墓にかけ水をする
5.ろうそく、お線香、お供え物などをあげ、手をあわせる
6.ろうそく、お線香の火が消えているのを確認し、お花以外のお供え物を持ち帰る

お墓参りは、ご先祖様や故人の冥福を祈り、私達の近況をお伝えしたりする場です。
手桶のお水の使い方一つから、心を込めて行うようにしましょう。

もみじ
お問い合わせは 095-848-2938まで
新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2018年08月「秋のお彼岸・彼岸花」
》2018年07月「お盆行事」
》2018年06月「弔い上げ」
》2018年05月「お墓の苔掃除」
》2018年04月「節目のお墓参り」
》2018年03月「お墓が壊れてしまった場合」
》2018年02月「春のお彼岸、ぼたもち」
》2018年01月「お墓に水をかける作法」
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
》2016年09月「忌明けの話」
  》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」