長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第22回「家紋の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。

第22回となる今回は、お墓などに彫る「家紋」についてお話させていただきます。

家紋は必要か

最近のお墓ではほぼ全ての方がお墓に家紋をいれています。
しかし、お墓に家紋をいれる文化が一般的になったのは明治以降のようです。

ですので、どうしても家紋がわからないなど、お墓を立てる方のご都合などもあるかと思いますので必ず彫らないといけない、というわけではありません。

家紋の種類

家紋には「表紋(おもてもん・ひょうもん)」「裏門(うらもん・りもん)」などがあります。

「表紋」は一族の家系で使われるもので、お墓にはこちらを使います。

「裏紋」は過去に一族が仕えた主君から下賜されたものや、本家の家紋に丸や角をつけたものなどがあります。 こちらはお墓以外の仏壇や家具、迎え盆や送り盆、着物などで使用している場合があります。

またその他に西日本では「女紋」と言われる表紋から外枠をとったものなども裏紋と同じように使われている場合もあります。

家紋の調べ方

上で紹介させていただいたように、家紋にはいくつかの種類がありますので、お墓で使用するものは、本家のお墓で確認するのが確実です。

もし本家のお墓に家紋が無い場合は、本家の方に聞くのがいいかと思われます。
本家がわからない場合、明治時代などの古い戸籍を取得するなどで本家がわかる場合があります。
難しい場合、本籍地などの同族のお墓で確認するという方法もあります。
その他には縁のお寺で調べてもらったりすることもできるかもしれません。

どうしてもわからない場合は、妻方の紋を借りる、自分で決めてしまうということもできます。
但し、以後はそちらに統一するようにしましょう。

家紋を入れる場所

家紋は一般的に卓石(○○家之墓、南無阿弥陀佛などが彫られている部分)を避け、卓石の下になる上台、または水鉢などに入れられます。
その他お墓を囲う門部分に入れる場合もあります。

家紋を彫る場所はしっかりと決まりがあるわけではありません。
また実は墓石の各部の名称も呼ばれ方はまちまちである場合がありますので、相談して確認するようにしましょう。

あじさい
お問い合わせは 095-848-2938まで

次回7月のコラムでは「盆提灯についてのお話」を予定しています。

新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
  》2016年09月「忌明けの話」
   》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」