長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第16回「喪中の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。

さて、第16回となる今回は、「喪中(もちゅう)」についてのお話をさせていただこうかと思います。

喪中と忌中の違い

「喪」とは近親者が亡くなった場合に一定の期間、故人を偲び祝い事などを避け身を慎んで生活する事です。
その期間中であることを「喪中」と言います。喪中の期間は宗派により違いがあり最長13ヶ月と言われていますが、一般的には一周忌までを目安としている場合が多いようです。

「喪中」と同義語として使われがちな「忌中(きちゅう)」という言葉もありますが、違いがあります。

「忌中」は死を穢れたものと考える神道の考え方から来ています。
この間は、死を忌む期間として捉え、身内に亡くなった人が出ると穢れが他の人にうつらないように仕事を休み、一定の期間、他の人に会わないように生活をしていました。
忌中の期間も宗派で違いがあり、最長で50日とされています。一般的には四十九日法要を区切りとして「忌明け」となるそうです。

喪中の期間中に忌中があるようなイメージで、忌中が明けても、喪中が続きます。

お歳暮お中元は贈ってもいいの

お歳暮やお中元は、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを込めて贈物をするという意味があり、「お祝い事」ではないので、一般的には問題ありません。
ただし、忌が明けていない場合、忌中の人から贈物をもらうことを快く思わない人もいるので、控えた方がいい場合もあります。
また、事前に相手に断りを入れた上で、忌が明けてから寒中見舞いや残暑見舞いとして贈るという方法もあります。贈る際には、紅白の水引は避け、無地のものを使用しましょう。

お正月の過ごし方

・年賀状は控える。
毎年、年賀状を交換している人には年賀状を辞退する旨を記載した喪中はがきを出します。
喪中はがきは、遅くても12月初旬には相手の手元につくようにしておきましょう。

・初詣
喪中の時は、神社への参拝を控えましょう。
先程も書いたように神道では死を穢れたものと考えているので、神社に穢れを持ちこませないために参拝はもちろんですが、鳥居をくぐるのもよくないとされています。

一方でお寺へのお参りは良しとされています。
これは、神道と仏教の考え方の違いにあります。
仏教は死を穢れとは考えないので、お正月にお参りしても問題ありません。
また本来は、忌明け後には神社への参拝が出来るそうですが、神社ごとに地域に根付いた信仰がありますので、行きたい神社に確認してみてくださいね。

・新年の挨拶
・正月飾り
・おせち料理
上記のものも、避けるべきと言われています。

現在では、あまり堅苦しく言われることが少なくなり、故人の意向に沿った形で有れば良しとされている場合も多くありますので、一度、家族や親族と話し合いをしてみてはいかがでしょうか。

雪うさぎ
お問い合わせは 095-848-2938まで

次回1月のコラムでは「墓石の種類についてのお話」を予定しています。

新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2018年08月「秋のお彼岸・彼岸花」
》2018年07月「お盆行事」
》2018年06月「弔い上げ」
》2018年05月「お墓の苔掃除」
》2018年04月「節目のお墓参り」
》2018年03月「お墓が壊れてしまった場合」
》2018年02月「春のお彼岸、ぼたもち」
》2018年01月「お墓に水をかける作法」
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
  》2016年09月「忌明けの話」
   》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」