長崎の霊園、墓地をお探しなら、永代供養や納骨堂の西部霊苑

せいぶれいえんコラム 第12回「卒塔婆の話」

こんにちは、西部霊苑です。
お墓参りや季節のことなど、何かのお役にたてる情報を発信していければと思います。

さて、第12回となる今回は、「卒塔婆」についてのお話をさせていただこうかと思います。

卒塔婆の意味・役割について

卒塔婆とは、故人の追善供養のために立てられます。
追善供養とは、生きている人が故人に対して行う供養のことです。
「生きている人が行う善行が故人の善行にもなる。」という考え方です。
卒塔婆を立てる習慣の無い、浄土真宗以外の仏教では、卒塔婆を立てることが善行とされており、最も良い供養の仕方だとされています。
また、お墓は先祖代々を供養するものですが、卒塔婆は故人一人ひとりの供養のために立てられます。

卒塔婆の起源

卒塔婆の起源はサンスクリット語の「ストゥーバ」から来ています。
ストゥーバは、お釈迦様の遺骨を納めた塔のことです。これを基に供養塔と呼ばれる五輪塔が作られ、さらにそれを基に作られたのが卒塔婆です。
仏教では「地・水・火・風・空」の5つの要素が世界を構成していて、それによって人間も生かされていると考えられています。
卒塔婆のデザインには、この5つの要素が込められており、仏教観を表現しています。

卒塔婆に書かれているもの

卒塔婆に書かれているものは、宗派やお寺によって差がありますが、主に以下のことが書かれています。

戒名 没年月日 経文 梵字 施主名 供養年月日

古くなった卒塔婆について

卒塔婆は木製なので、時間の経過と共に腐食してしまいます。
古くなった卒塔婆を長期間放置しているとお墓が汚れる原因ともなります。
タイミングを見て適宜処分し、お盆や、お彼岸などの法要で新しいものと入れ替えることをお勧めします。

ひまわり
お問い合わせは 095-848-2938まで

次回9月のコラムでは「墓じまいについてのお話」を予定しています。

新区画販売受付中 新たな販売区画を準備いたしました。 霊苑概要 西部霊苑についてのご案内をいたします。 納骨堂 お骨を納めたい方々へ納骨堂(永代供養之家)も完備しております。 お墓の豆知識 お墓の価格や法律など、お墓の基礎知識をご紹介しております。 どなたか亡くなったら 大切な人が亡くなってしまった後、しなくてはならない手続き等のご案内です。 西部霊苑ライブカメラ 北西 西部霊苑ライブカメラ 北東 西部霊苑ライブカメラ 南東 お問合せ先
せいぶれいえんコラム バックナンバー
》2018年06月「弔い上げ」
》2018年05月「お墓の苔掃除」
》2018年04月「節目のお墓参り」
》2018年03月「お墓が壊れてしまった場合」
》2018年02月「春のお彼岸、ぼたもち」
》2018年01月「お墓に水をかける作法」
》2017年12月「年末年始のお墓参り」
》2017年11月「改宗について」
》2017年10月「六曜について」
》2017年09月「お線香について」
》2017年08月「秋のお彼岸について」
》2017年07月「お盆に関する話」
》2017年06月「長崎の精霊流しの話」
》2017年05月「仏花の話」
》2017年04月「月命日の話」
》2017年03月「開眼供養の話」
》2017年02月「遺骨の管理期間の話」
》2017年01月「骨壺の話」
》2016年12月「お焼香の話」
》2016年11月「お墓の手入れの話」
》2016年10月「手桶の話」
  》2016年09月「忌明けの話」
  》2016年08月「分骨の話」
》2016年07月「盆提灯の話」
》2016年06月「家紋の話」
》2016年05月「位牌の話」
》2016年04月「お布施の話」
》2016年03月「お供え物の話」
》2016年02月「お墓参りの作法の話」
》2016年01月「墓石の種類の話」
》2015年12月「喪中の話」
》2015年11月「戒名の話」
》2015年10月「祥月命日の話」
》2015年09月「墓じまいの話」
》2015年08月「卒塔婆の話」
》2015年07月「お盆の話」
》2015年06月「家族葬の話」
》2015年05月「享年の話」
》2015年04月「粗供養の話」
》2015年03月「無縁仏の話」
》2015年02月「線香の話」
》2015年01月「納骨堂の話」
》2014年12月「永代供養の話」
》2014年11月「墓石の話」
》2014年10月「お供え花の話」
》2014年09月「お彼岸の話」